FC2ブログ

スポンサーサイト

(--.--.--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[anime] 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参

(2009.03.28)
<評価> 内容:☆☆☆★★  作画:☆☆☆☆★  抜き:☆☆☆★★

構成の悪さで評価ががた落ち。色々狙いは感じるものの、一番の見せ所がわかっていない

魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参
 感想を読む >>
 ←画像クリックでも
 感想ページに飛べます


 拡大画像はこちら
 公式ページはこちら


 Vol.1 の感想へ >>
 Vol.3 の感想へ >>



<スタッフ>

レーベル:Platinum Milky
原作:colors
プロデューサー:村上幸太郎/村上恒一
脚本:みついいつ美
キャラクターデザイン/コンテ/演出/作画監督/監督:浅野ヒロ
アニメーション制作:アニメアンテナ委員会
発売:「魔法少女アイ」アニメ製作委員会
販売:株式会社ミルキーズピクチャーズ



<あらすじ>

迫り来る“ゆらぎ”の魔の手――『魔法少女アイ参』OVA第2弾!

異界からやってきた魔法戦士・アイ。そして妖魔である“ゆらぎ”との戦い。
「都市伝説研究会」のパーティーにやってきたアイと秋俊。そこにあらわれた“ゆらぎ”。
取り憑かれた人々が淫らに絡み合う…。
シンの触手で陵辱されるメグ。マユの触手で攻められるアイ。そして――



<感想>

戦う変身ヒロイン徹底触手凌辱アニメ第二弾。
原作ゲームでは一番好みだった、頼りがいあるお姉さんキャラ・メグが
満を持してこの巻から登場という事で個人的には結構期待していました。

とりあえず結論を言うと
見せ所のあまりの分かってなさに、見終わった後、若干憤慨してしまいました。
エロアニメに何、感情高ぶらせてるんだろう……俺……。

この作品の一押しは「メグの鼻フック姿」。
鼻が上向きにされ鼻孔が丸見えと、作画も結構気合が入っています。
かなり惨めでえぐい表情をふんだんに見せてくれて、その点に関しては満足のいくレベル。
魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参
魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参
直前で見せていた綺麗で凛々しい隣のお姉さん的表情と
敵の前になす術のなくされるがままに鼻フックを装着され凌辱される姿とのギャップには
かなり興奮……したのは良いのですが、そこまで鼻フックに力を入れているのに
肝心の「装着シーン」が無い!
凌辱がはじまったと思ったらもう既に鼻フックが装着された状態。
「鼻フック」で一番興奮するのは装着するまさにそのときだと思うんですけど……。
鼻フックに激しく抵抗するメグの姿や、引っ張り上げられる鼻の動き、
凛々しく美しい顔立ちが見る見る惨めな豚鼻に変わっていく一連のシーンがなくては
鼻フックの魅力も半減。
また、鼻フックを使った効果的な責めがほとんど無かったのも不満。
責めている最中、鼻フックをクイクイと引っ張って痛がらせるとか、
丸見えになった鼻孔を触手で責めるとか、鼻孔に向かってぶっ掛けるとか、
いろいろ描写のしようがあるんだけどなぁ。
鼻フックならではの責めがあったのは、
敵のシンが豚顔メグに向かって「豚のように鳴いてみろ」と責め立て
恥ずかしがりつつも小声で「ぶひぃ、ぶひぃ」と鳴いて見せたところぐらいでしょうか。
魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参
この「豚鳴きメグ」の姿だけでもその悲惨で哀れな姿に結構興奮できただけに、
もっと鼻フックプレイが有効的に演出されていればどれだけ興奮できたんだろうと思うと、
勿体無くって涙も出てきません。

このメグ凌辱シーンは「飴と鞭」が使われていて、
スタッフは多少考えて作っているなと感じたシーンでもありました。
シンの触手でメグを全身を滅多打ちにしたのち、優しく乳首を舐め捲くる、
触手で苛烈な二穴責めを味あわせたのち、再び乳首を優しく愛撫、といった感じ。
魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参
SMプレイでは良くある、強弱を繰り返す手法を用い、
深いところにあるメグの快楽の源を呼び覚まさせようという表現がなされていました。
なかなか良い所を突いているなぁとは思うのですが、
一連のシーンの繋ぎがただのオーバーラップなので、せっかくの狙いもいまいち不発。
そこまでやるのなら、もう一歩進んで
激しい責めの後一拍置いてヘトヘトになったメグを優しく抱く、
で、メグの気持ちが緩んだ所で一変、再び責めへと転じるといった、
強弱のブリッジになるカットを入れて欲しかった。
そう描くことでメグの感覚の混乱が見ている側にもより説得力を持ち、
スタッフの狙いがより明確に伝わるのではないかと。
ただのオーバーラップの繋ぎでは、メグ凌辱をダイジェストで見ている感覚になってしまい、
メグの感情の混乱までは全然伝わってきません。

……というのは、いいんです。別に。
実はこれら上記の不満点はこの作品にとっては些細なものなのです。
正直、最近の他のエロアニメでも多かれ少なかれ普遍的に感じていた不満点ではあるし、
マイナーな責めである「鼻フック」をこれだけクローズアップしてくれた点に関しては
ある意味、貴重な作品だったとすら思います。
自分がこの作品に憤慨した理由は他にあります。


この作品の一番の不満点、
それはもう一つのエロシーンが全く抜けない割りに、妙に長回しであり、
かつ、メグ凌辱と交互に見せるという構成にしていた事です。
問題のシーンは、メグ凌辱と同じタイミングで開かれていた「都市伝説発表会」イベントで
来場者が妖魔に乗り移られ、乱交プレイに明け暮れるというもの。
妖魔に乗っ取られた人間は、顔の上半分が影に覆われ眼だけ丸く赤く光る
(押井守のケルベロスの眼みたいな感じ)というちょっと気味の悪い顔立ちになってしまいます。
そんなキャラクターたちがいくら頑張ってエロい事をしていても
ただ人間の形をした「別もの」が何かやっているな程度にしか見えない。
しかも、乱交プレイという性質だからか、演出もそれぞれの痴態をロングで見せるばかり。
さらには、メグの凌辱の合間に長回しで見せるものだからウザいことこの上なし。
ストーリー上、こういうシーンを作るのは分かるんですが、
何故、あんな気味の悪い顔にしたのか
(この手の演出でありがちな、黒目が赤く光る程度で良かったような)、
あの顔のキャラクターで抜けると本気で思っていたのか、
何故、これだけ長い時間見せなければならないのか、
何故、メグ凌辱と交互に見せるという構成にしたのか、
製作者に小一時間問い詰めたい(古いね……)。
これが、メグ凌辱シーンが満足のいく出来ならまだ我慢できたし、
逆にメグ凌辱シーンも出来が悪かったのならここまで憤慨する事もなかったんですけどね。
メグ凌辱が微妙に時間が短く駆け足気味に感じて惜しいなぁという不満がたまっていた中、
こんな愚にもつかないエロシーンを延々と見せられてはたまったものではありません。
なんでこんな手間のかかる割には全然抜けないエロシーン
(モブのカットも多用されていたんで、結構手間だったと思います)に
無駄な時間と労力を割いているんだと。
そんな無駄な労力を使うのなら、メグ凌辱をもっと描きこめよと。


……とまぁ、長文を書いてしまいましたが、
クオリティ自体は凡百のエロアニメよりは高く、
また、所々いい狙いもあったし、意欲的なシーンも見受けられました。
ただ、それらを生かしきれていないどころか、
余計なシーンを下手に凝って入れて台無しにしてしまった、そんな作品でした。





<お気に入りカット>(クリックで拡大・コメント付き)

・リン
魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参 魔法少女アイ参 THE ANIME Vol.2 メグ見参


拍手する

関連ページ一覧

Loading

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ベストエロアニメ結果発表!

ブログ内検索

テキストリスト

画像付きリスト

タグ一覧

肉感的(75)   調教(55)   純愛(50)   アブノーマル(45)   胸(43)   輪姦(41)   フェラ(38)   触手(37)   ぶっかけ(32)   パイズリ(25)   レイプ(24)   アナル(21)   イラマチオ(21)   鼻フェチ(18)   乳首(16)   屋外(13)   着衣(12)   放尿(12)   ロリ(11)   ふたなり(11)   近親相姦(11)   拘束(10)   寝取られ(10)   女教師(10)   顔射(10)   ガラスに押し付けられた胸(9)   催眠(9)   ボテ腹(8)   姉(8)   制服(8)   乱交(8)   人体改造(8)   母(7)   レズ(7)   あおり(7)   悲壮感(6)   浣腸(6)   リョナ(6)   飲尿(6)   忍者(6)   二穴(5)   親子(5)   コスプレ(5)   舌(5)   オナニー(5)   痴漢(5)   鼻フック(5)   変身ヒロイン(5)   母乳(4)   電車(4)   公開ファック(4)   ツンデレ(4)   涎(4)   看護婦(4)   フィストファック(4)   足コキ(3)   ハーレム(3)   レトロ(3)   姉妹(3)   背徳感(3)   陥没乳首(3)   筋肉(3)   SM(3)   魔性(3)   人妻(3)   妹(3)   褐色(3)   腹ボコ(3)   熟女(3)   猟奇(3)   メイド(3)   潮吹き(3)   ハメ撮り(2)   蟲(2)   紐ビキニ(2)   コミカル(2)   未亡人(2)   脱糞(2)   素股(2)   アヘ顔(2)   画像集(2)   トイレ(2)   淫乱(2)   三角関係(2)   退廃的(2)   鼻ちょうちん(2)   顔面(1)   スクール水着(1)   電マ(1)   隔離環境(1)   やりチン(1)   指マン(1)   乳首姦(1)   格闘(1)   精液便所(1)   アナル放尿(1)   スーツ(1)   鎧(1)   ブルマ(1)   荒唐無稽(1)   万能アイテム(1)   セルフフェラ(1)   ピアス(1)   僕っ子(1)   子宮口貫通(1)   異種姦(1)   ライダースーツ(1)   露出(1)   鍼灸(1)   洗脳(1)   触手貫通(1)   血(1)   耳フェチ(1)   エルフ(1)   舞台(1)   女医(1)   体臭(1)   


月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

    管理人属性

    屑男

    管理人:屑男 (cz-otoco)
    <属性>
    ・強い女性が堕ちていく様
    ・胸大きめ
    ・ガラスに押し付けられた胸
    ・お姉さん系
    ・女性のあおり顔
    ・鼻
    ・顔面ぶっかけ
    ・後背騎乗位(撞木反り)
    ・触手


    RSSフィード

    DMM 新着作品


    エロアニメ感想系リンク
    • Transparency
      18禁アニメ感想考察室
    • 透-架さんの18禁アニメ感想考察室です。作品数こそ少ないですが、地に足のついた感想が多く、参考になります。

    • 最低のオリ エロアニ人別帖
    • 彩雲11型さんによる、みんなで作るアダルトアニメ名鑑サイトです。旧作が多くその膨大な量に圧倒されます。

    • ナゾクロRed!
      -謎の赤猫団-
    • 黒猫弐号さんの18禁アニメ、ゲームの感想サイト。特にPIXYアニメの感想が多く、自分と嗜好が被っているのでよくトラックバックさせていただいてます。

    • アダルトな
      エロアニメスペシャル
    • 更新頻度は少ないものの、取り上げる作品がマニアック。丁寧な文章でとても分かりやすいです。

    アニメブランド公式ページ

    月別発売アニメタイトル一覧
    Getchu.comへのリンクです。
    登録サイト
    駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】
    駄文同盟.comさん


    FC2ランキング

    メールフォーム

    名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:


    カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。